家庭で血圧の測定

糖尿とキムチが血圧に及ぼす影響

食生活や生活スタイルの変化などで糖尿病になる人は増えてきているといわれています。糖尿病の方の約40~60%が高血圧を併発していますので、血糖値をコントロールするだけでなく血圧にも注意しなければなりません。

糖尿病は血糖値が高くなる病気です。血糖値が高くなると細胞の浸透圧が上昇して、血液中に水分が出てきたりすることで血液の量が増加して血圧が上がります。糖尿病の方には肥満が多く、肥満になると交感神経が活発になり血管を収縮させ、血圧を上げるホルモンが過剰に分泌されます。

また、血圧が上がる要因に塩分の取りすぎがあります。塩分を過剰に摂ると、尿中へナトリウムを体外に排出する役割をする腎臓の能力を超えてしまうため、血液中に塩化ナトリウムが溜まってしまいます。そのため、血液中のナトリウムの濃度を調整しようと水分を蓄える働きをして、循環血液量が増えてその結果として血圧が上がります。ですので塩分の摂り過ぎに注意しなければなりません。

キムチは辛いので塩分がたかいのではと思いがちですが、それほど高くありません。キムチは薬味として唐辛子やにんにくを利用して塩分少なめです。キムチは塩つけにしたものを水切りをします。この水きりで塩分は大幅に減りますので、日本の漬物に比べたら低塩分の漬物です。また、食べる量も一度にたくさん食べることがないのが普通です。さらに、キムチは血管を広げる作用がありコレステロールを下げる効果もあります。血管が拡張されることにより、心臓に負担をかけず血液の流れがスムーズになるために高血圧の予防になります。食事は何でも偏らずにバランスよく適度な量を食べること、そして、適度な運動をすることも大切です。